kanehen

金属をたたいてつくる人 の忘備録です

季の雲と琵琶湖

春分の日、古川潤さんの個展初日のギャラリー季の雲と琵琶湖に行ってきた。

木彫の大きなものは人体よりも大きく、小さなものは両手に納まるくらいの大きさまで。木の質感と着彩の、不思議な世界観の人のような動物たち、琵琶湖畔の立地からか船に関するモチーフとの絡みが多かったような気がしました。31日まで。

f:id:kane_hen:20190327125504j:plain

古川さんは宇都宮時代に小学校でグループ展をした時のメンバー、益子で彫刻をしている人で、当時は石を主材にしていて、私もまだ生活用品はつくっておらず、インスタレーションぽいものをつくっていたなぁ。同時代、色々思うところあり。

f:id:kane_hen:20190321153209j:plain

季の雲は2回目、美味しいお茶を子と一緒にいただいた。古いものや作家ものもいろいろあり、見応えがあって楽しかった。今回は古川さんのポストカードのみ持ち帰ったけれど、また来たい。子は等身大の彫像がなぜか怖かったらしく、いつにも増して落ち着かず、大変おさわがせしました。でも、連れてゆけてよかった。

f:id:kane_hen:20190321154127j:plain 

そして、琵琶湖。日本一の湖ということで、渡り鳥がたくさん飛来するそうで野鳥センターが湖岸にあり、子と入場料を払って、たくさんある双眼鏡や単眼鏡で湖を覗き放題。あいにくの曇り空だったけれども、水鳥や鳶の巣なども見れて興味深かった。次回は白鳥のいる年末から2月辺りに来てみたい。

f:id:kane_hen:20190321151731j:plain

近くにあったスポーツ公園、遊具や自転車の貸し出しもあり、遊歩道も充実の広さで琵琶湖からの流れに家の近所とはちょっと違う水鳥がいたりして楽しかった。

あかり展と岐阜城

週末、思い立って急に岐阜に行ってきた。

彫刻家イサム・ノグチが友人の画家のところに来ていた時、岐阜提灯を見てデザインしたという「あかり」を今でも製造販売している会社が、年に1回ギャラリーを解放して、あかりや模型、そして制作の実演を見ることができる。

f:id:kane_hen:20190227083531j:plain

もらったパンフレット。もちろん、「あかり」はすぐ近くの本社で購入することができる。ネットでもいくつか見ることはできるが、実物をみてみたかったし、色々なバリエーションがあって面白かった。

f:id:kane_hen:20190223120002j:plain

晴天だったので、岐阜城にもはじめて登った。戦国時代はちっとも興味がなくても、山のてっぺんに城があるのは、なんだか凄そうだということはわかる。展望台から、ぐるりと景色を見渡すと、天下取った気になれそう?

f:id:kane_hen:20190223114940j:plain

なんだかよくわからないけど、資料館?で、顔はめでなく、看板のここに立つと良いよと、書いてあったので浮かれて写真とった親子です。

 

女子旅行

もう、だいぶ前の話の様な感じだが、1月末、ノラヤと子、私と子の女子4人でお泊まり会?に行った。私だけでは時々会っていたが、子供同士が会ったのは4年ぶりくらい?幼児だった二人は、いつの間にか女子になっており、楽しく遊べたのが何よりでした。

スワンは氷があるときは休みらしい。

とても天気が良かった1日目

どんどん寒くなる

寒かったが空いていて良かった、かも。

懐かしの、すみれ洋裁店でみどりちゃんに会ったり、ninjinsanでやっちょに会ったり、娘はこの2つのお店が大好きなので、キラキラしたビーズやボタンをお小遣いで買って満足気だった。しばらくぶりの下諏訪はいろんなお店が増えていた。

そして、産後のドタバタでお納めして、バタバタと確認していなかった、くらすわ CLASUWA。パン屋のカウンター辺りで、かねへんの鍋や豆皿などがディスプレイに使われていたのを、はじめて見た。今いる子達はまだいなかった時だな、と思うとなんだか不思議で、懐かしくなった。

ガラスを見たり、足湯に入ったり、豆探しゲームしたり、寒かったけど楽しかったね。またどこかにゆこう。

cafe500/モビールの設置場所のはなし

ガラス窓に打ち付ける雨音で目が覚めてしまうほどの翌朝、クリアな青空の中ドライブ。ぐんぐん雲が動いて、みていて見飽きない引き寄せられる。

そして、コーヒーとチョコケーキを求めてcafe500へ。デカフェが新しくメニューに増えていました。妊婦さんには超嬉しい選択肢。1日1〜2杯のカフェインの入った飲み物は気にすることはない、と言われていても気になることや制約の多い妊婦時代、家から出て、のんびりとカフェで心気なく美味しいコーヒーが飲める選択肢、大事です。


と、11月に納めたモビール、設置は店主にお任せしていたので様子を見に行ってきました。蔵の中の2階へ上がる階段の上、ちょうど良いところにストーブの上昇気流があり、火が付いている時は常に緩やかに揺らめいています。

我が家でも完成したモビールの一時置き場となっているのは階段上。置いてみて初めて気がついたのは、階段の一番上に窓があり、階下のストーブの熱と窓の冷気で常に空気が動いている。と、いうこと。西日の当たる方角で、昼間はストーブも消すし、日が当たって暖かくなると対流が止まりモビールもほぼ静止状態に。それでも人が通るとその空気の動きで揺らいでいますが。

朝一番に、薪ストーブをつける前は石油ファンヒーターをつけるのですが、そのファンヒーターの送風でも空気が動きモビールも動きます。もちろんエアコンでも。普段、あまりそこまで意識しない室内の空気の動きを視覚で捉えることができる、そんなこともモビールの面白さなのかもしれません。

なので、吹き抜けのあるお宅だと、どうなんだろう。例えばシーリングファンの風量ってどのくらいあるのでしょう?仮に吹き抜けでシーリングファンのある場所の横にモビールがあったら、、、ぐるぐる回ってしまうのかしら?それはそれで落ち着かない感じになりそうで、困るなぁ。

名古屋

福岡、望雲さんでの展示も始まっておりますが、家族で名古屋色々。


ドイツパンのブルーデルでサンドイッチなど買い込み、オープン前のアナログライフさんの駐車場でもぐもぐたべていた怪しげな家族がいたのです。金属の大山求さん個展2日目でした。

偶然にも大山さん在廊中で、色々お話しさせていただきました。山口県、未踏の地なので、是非、いつか行ってみたい。鉄のお仕事が多めで、ご自身でされているという琺瑯仕上げが、どこか懐かしさを感じさせるモノ達でした。写真撮り忘れ残念。

そして、アナログライフには1点モビールをお納めしてきました。

で、そこからsahanの「よつあし展」こどもといると母モードなので、なかなか集中して鑑賞できず、しっとり空気を感じるまでが難しかったのですが、とりあえず、行けてよかった。で、都会だ都会ということで、大塚屋で、枕カバー用の布を買い、バレッタの金具を買い、最後に名古屋高島屋へ。

3年前にも名古屋の百貨店で個展されていた、先輩の渡辺国夫さん個展へ。釉薬の細やかな仕事は同じ工芸科でも鍛金専攻の私から見るとなにが何やらちんぷんかんぷんですが、うっとり。素敵なものを拝見させていただき、正に福眼、目の保養でございました。

夫のおちょこコレクション(写真の黄緑のは3年前の)がまた増えるので、たのしみです。帰りは地下街で夕飯を食べ、寒い中イルミネーションの周りを練り歩いて、往復の車の中では色々な話をして、子供も楽しかったようでよかったです。

阿寺渓谷

おばの見舞いの前に、いつものお気に入りの場所で散歩。今年は体調のこともあり、思い出すとここにも夏前から来ていなかったような気がする。

今年は、大雨だか台風だかで、上流から大量の砂利が河口に流れ込み、随分と珍しい姿になっていた。夏には沢山のBBQする人がいたらしい。中洲が出来て、そこへ繋がるように、飛び石を誰かが置いたようだ。

昨日は小春日和と言うのだろうか、日差しが暖かく、外で仕事をするには最適な日だった。渓谷の上へと向かう道には沢山の落ち葉が降り積もっていて、それを畑の肥やしにするためと思われる素敵な被り物をしたお姉さんが、袋にこれでもかと落ち葉をぎゅうぎゅう詰め込んでいた。

橋の上でしばらく写真を撮っていると、「暖かいですね、写真撮れましたかー?」と聞かれたので「いいお天気で、きっといい写真撮れたと思います!」と、返しておいた。キラキラした午前の陽射しが撮れたと思う。




神在月

死ぬまでに出雲詣でをしたいという義両親とともに、家族で鳥取、島根の旅。盛りだくさんすぎてすでに記憶の彼方の事もあるような気もしますが、行けてよかった。旅の途中で子は8才の誕生日を迎え、皆で祝った。八百万の神様に会えたのだろうか、とにかく、めでたい。
水木しげるロードのライトアップ
コケカキーキー知ってる?
大山
横山大観と紅葉庭園
宍道湖しんじこって読めなかった
松江城

石垣が素敵
8才おめでとう
早朝参拝
出雲大社
稲佐の浜

ぜんざい