kanehen

金属をたたいてつくる人 の忘備録です

新年

あけまして おめでとう ございます

スキー場へのゴンドラから


瞬く間に、親類を迎えたり伺ったりなどなどの3が日が過ぎて、昨日は家族で初滑りに行ってきました。今シーズンはちっとも雪が降らず、年末には行かずじまい、新年やっとちらつくもののスキー場はほとんど人口雪でした。でも、楽しく滑って、今日はふわふわとした全身の倦怠感に包まれつつ、やっとゆったりとした気持ちで年賀状を眺めたりしています。

明日は地域の子供会でどんと焼きがあり、明後日7日までが冬休み。10日には市内で十日えびすという市があり、小学校の校庭が駐車場になりまたお休み。そして週末の3連休が終わってやっと平常運転になります。

今年は例年通りおせちを作り、玄米餅をついて、無いものは親や親類と交換して、随分たっぷりと頂きました。今までと違うのは夫も私も餅を毎食2枚以上食べていたのが、いつの間にかもう食べられなくなったこと。

まぁ、太り過ぎを警戒していることもありますが、去年まではたしか朝昼晩と3食餅でも良かったのですが、今年は間にお蕎麦などを挟みながらお腹の調子を伺いつつ食べています。共にアラフィフ、養生しながら暮らしてゆきたいものです。(子供はもう大人と同じだけ食べるようになりました)

かねへんとしては、昨年の病気発覚以前のお仕事は、いくつか注文をお納めする所が残っていますが、大きなものは昨年の望雲さんでの展示で一区切りしました。これからも、細く長く続けてゆけるように、熟慮しつつ進めてゆきたいと思っています。とはいえ、秋にはモビールをメインにした個展の予定も入っています。今年も実りの多い年になるといいなぁ。

良い年になりますように。

クリスマス

望雲さんでの展示も最終日の祝日24日。我が家のクリスマスでした。ケーキとチキンを食べるのは別にしたいので、まずは3時にケーキを食べるのが通例です。


2時ごろになると、大騒ぎして作業を始めます。前日に私が焼いたスポンジと、夫がいちごをカットして、娘がいちごを潰してシロップを作り、クリームといちごでデコレーションするのを家族3人でやります。
完成!
で、6等分にして一切れづつ食べます。
娘が3歳ごろから、家族の誕生日やクリスマスといえばだいたいスポンジを焼いているのですが、一向に上手になりません。クリームの絞り方や、手際はだいぶ良くなったように思うのですが、スポンジだけは進歩なし。いつかちゃんと習ってみたいものです。ま、家族で食べるには十分なのですけど。

で、夕飯はその3時間後に開始。今年はそれぞれ腿が食べたいということで、丸鳥チキンでなく、チキンレッグにしてみました。でも、やっぱり薪ストーブにダッチオーブンで焼いたのですが、200度でしっかり予熱して、約20分です。あ、ダッチオーブンを使うときは重たいので、夫担当です、上手にできました。下味は改良の余地ありでしたが、焼き具合はバッチリでしたね。


その他は、かぼちゃのポタージュ、カブとサーモンのマリネサラダ、チーズや生ハムやパテのカナッペ、マカロニグラタンでした。

私たち親の世代は、ケーキぐらいは食べたけど、チキンなんてあんまり無かったし、そもそもクリスマス自体おおごとでは無かった世代だと思うのだけど、まぁ、子供はすごく喜ぶし、楽しみにしているからついつい頑張ってしまうのよね。連休だった事もあり、久々に家族でゆっくり過ごしたクリスマスだったように思います。

強制終了

もう少し、制作をするつもりでいたのですが、アクシデント続きで今年のかねへんは仕事納めになりました。お待たせしている各所、すみませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

最初は、半日程度の遅れだから、リカバリー出来ると思っていたのです。プロパンガスが空になって、ガス屋に持って行き、翌日には満タンで帰ってきて、さあ作業出来ると思っていたら、なにやら使っているとガス臭い。で、あれこれするけど原因が分からず、その日は時間切れ。翌日ガス屋に持参したところ、パッキンが1つ無くなっていたことが判明して事なきを得ましたが、これで2日が過ぎ、週をまたいで持ち越しか!と、気合を入れ直していたら、今度はマックが壊れました。

かねへんとしては、年賀状は縮小傾向なのですが、親類関係はさて夜にでも印刷かと、準備していたらいきなりのモザイク画面、そして起動すらしなくなりました。ま、外付けハードにタイムマシーンでバックアップは取れているはずなので、何とかなると思いつつ、保証はとっくに終わり、アップル以外での修理の選択肢もあったのですが、同じタイプの4Kとやらがあったので、早速注文しました。

早まった感もありますが、今日はマックが届いたらセットアップ。ここまでの遅れで4日が過ぎて、年末スケジュールをこれ以上詰め込むことはできないので、福岡、望雲さんでの展示は祝日の24日までありますけれど、かねへんの制作は年内強制終了、おしまいにいたします。

追記:その後、さあセットアップだ!と、新しいimacに電源を繋いでセットアップ画面をだしたら、なんと外付けハードと接続ケーブルが、新しいのに繋がらない。。。最近のにはファイヤーワイヤーって無いのね!あんなに鳴り物入りで導入していた気がするけど。で、USBとファイヤーワイヤーのケーブルを探して、途方に暮れて、アップルケアにもちょっと確認したりして、絶望しかけていた。

で、よーくみたら、外付けハードにもう一つあまりみたことない口があって、わからなすぎるので、電気屋にハードを持参して見てもらい、USBミニbという、今でもデジカメ等に使われているタイプとわかって、やっとケーブルを繋いでセットアップが終わったのは夜になっていましたとさ。

寒さも一層厳しくなるこの頃、皆さん暖かくしてお過ごしください。

Merry Christmas & 良いお年を!

おやつ

最近、秋だからかおやつ作りにせいをだしている。ような気がする。焼き菓子はオーブンで部屋も暖かくいい匂いになるし。


金曜日は子の習い事の関係で夕飯前に軽食をとるので、おやきをつくった。皮はお笑いの女性トリオの大島さんの粉物の本、あ、今確認したら村上さんだった。こちら。適当にアレンジしつつおやき。中身はまだ野沢菜が手に入らないので、蕪の葉としいたけ。

それから、週末遠出するので、車に積んでおけるお菓子として、ビスコッティ。子が幼稚園で間食が頻繁だった頃はほんとうに良く焼いていたが、今のように帰宅して一息入れたらもう夕飯となると、おやつは気持ちの問題でむしろ夕飯のために飴玉一つ程度にして欲しい。そんなことですっかりつくらなくなっていたビスコッティですが、今回は少し前にきな粉ドーナツを作った残りのきな粉を使い切ってしまいたかったので、きな粉と黒糖、くるみのビスコッティになりました。うっかり一切れを大きく作りすぎた。

今週は家仕事と雑事で終わってしまい、来週は振替休日と祝日で3日間しかない。さて、頑張らないでどこまでできるかな。

見える見えない

モビールはとても微妙なバランスで成立しているので、パーツの順序を間違えると、保てない。少なくても5枚、多いときは10枚以上のパーツをつなぎ合わせるので、超初期につくったもの数点以外は全てパーツに刻印で、ナンバリングしてある。

2の刻印

この刻印、30歳頃から使っている2mmものが最近よく見えない。ちなみに、10年ほど前は野外イベントで<勝手にワークショップ>と、題して、プレートやペーパーウエイトに刻印を打ち放題、というのをやったりしていたのだが、年上のお姉さんに「見えないわよー」と、言われて、そう言うものなのか、とボンヤリ思っていたが、とうとう私にも老眼が始まったということだろう。

ということで、文字の小さな本を読む時や、針仕事をする時や、モビールの刻印を打つときだけ、メガネをかけています。で、出先に持ち歩きたくて、夏には自分で綿麻の布でメガネケースを作ったりしていたのですが、そろそろ寒いな、と思っていて発見!

小河さんのウールのメガネ(携帯)入れ。組織は詳しくないけど、よーく見ると生地が小花模様になっていて可憐。黄色は玉ねぎだそうですが、生成りとのツートンが甘過ぎなくてツボでした。これがカバンの中や部屋に転がっているのは結構幸せです。メガネも悪いことばかりでは無いですね。

オヤツ

週末のオヤツ、タルトタタンのようなもの

信州に行った時に立派な紅玉を手に入れていたので、さていつ作ろうかと思案しつつ、結局週末にえいやっ!と、焼いた。去年はケーキのスポンジを焼く18cmの型で作ったが、今年は何となく南部鉄器の鍋で。

鍋でびっくりする量のグラニュー糖とバターを入れて、りんごに絡めて煮詰め、適当に全粒粉入りの生地を被せてオーブンでしばらく焼いて出来上がり。一つの鍋で最後までできて良い。

紅玉の酸味とカラメルの苦味と甘味、それだけで美味しかった。また来年も作ろう。今度はバニラアイスを添えて食べたいなぁ。

生姜仕事

梅仕事というのがあるなら、生姜仕事もあるような気がする。生姜は地元では、今の時期が収穫で新生姜が沢山、ひね生姜も少し取れる。今年はじめて豊作と呼べる量採れた。

一部をすりおろし冷凍、千切り冷凍、うす塩酢漬け、それぞれ皮を剥いたり小さい破片が出たもので生姜シロップをつくった。皮は捨てるべきかも知れないが、もったいなくて。


生姜シロップとうす塩酢漬け

シロップは普通にお湯割りで飲む。うす塩漬けは刻んで酢飯に入れてもいいし、煮物やサラダ、酢の物、スープなど、なんでも使うつもり。以前は生で処理して発酵し味が落ちてしまったので、今回は火を入れた。常温保存でどの程度持つのか、実験。

それから、半端なサイズの生姜の破片を刻んで、食べる生姜も作った。みりんと醤油と酒を煮切って生姜の微塵切り最後におかかを入れて完成。冷え性さんのご飯のお供に良いらしい、要冷蔵だが好評だったのでメモ。

半日仕事だったが、新生姜はどんどん鮮度が落ちるので致し方ない。来年からはきちんと日程をとって収穫しよう。