kanehen

金属をたたいてつくる人 の忘備録です

腰痛

少し前に腰痛になった。

20代の頃からのぎっくり腰持ちなので、それなりに腰痛の知識はあるつもりだったが、ほんのりとした早朝だけの腰痛から、夜中にも寝覚めるようになり、じわじわと寝られない時間時間が長くなり少しずつ睡眠時間を削られ、終いには22時に寝ても1時に痛みで目が覚めることになった。常に睡眠不足。

不思議なのはそこですぐ医者に行こうと思わなかった事だ。最初は起きて30分もしないうちに痛みは霧散していたし、ついつい日常の忙しさに忘れていたくらいだ。だからそんな大ごとになると思っていなかったのだ。しかし、じわじわと睡眠時間の減少が思考能力を奪った。常に痛みのことしか考えられず、そして原因を取り除けば治るはずと思い込んでいた。

原因は、使い始めて10年近いマットレスの劣化だと思っていた。とにかく、良いマットレスを買うべきだとしか考えていなかった。良いマットレスはきっと値段が高いなと思いながら、近所の家具屋なんぞには良いマットレスは無いだろうから(偏見)どこか遠くに買いに行かないといけない、このコロナ禍に。

そもそも良いマットレスの判断ができるような状態ではなかったはずなのだが。今思うとだいぶ頭もおかしかったとしか思えない。もちろん原因を取り除けば治るのだろうけれど、治るまでは悪くなった時の逆回しで経過してゆくとしても、2週間以上はかかるに違いない。炎症であるところの腰痛は一刻でも早く緩和する方が治りが早い。などとは頭が回らなかった。なんだか夫に当たり散らかしたような気がする。
いよいよ日中ですら痛みで何もできなくなって、土曜。すがる思いで行きつけのオステオパシーのマッサージを受けに行き、その時には痛みは確実に引いていた。しかし、時すでに遅かったのだろう、帰路の運転中に痛みはぶり返し、翌日には24時間痛みっぱなしとなる。しかし、一度は引いた痛みなのだから、安静にしていればと翌日を過ごしてみたが一向に痛みは引かず寝れず。しまいには37度を超える発熱も伴うようになった、痛みと睡眠不足と熱で意識朦朧である。

そして、月曜の朝。夫の会社は同居者が37℃を超えると出社停止である。おかげで夫に車を運転してもらい整形外科に行くことができた。どうにでもしてくれという感じ。強力な湿布と飲み薬を処方され、弛緩剤と消炎作用の飲み薬とそのための胃薬を飲んで、痛みからやっと解放されて泥のように眠った。自由に眠るのは本当に2週間以上久しぶりで、天国かと思った。

2日後にそんなところにも筋肉が?というような腹の脇やその周りが筋肉痛になり、痛みに堪えていろいろなところが緊張しまくっていたのだと気がついた。最後の2日間は痛みで排便時いきむことすらままなくなり、数年ぶりに便秘で悩んだがこれもすぐに解消した。ちなみに、腰痛で排尿ができなくなったら即、外科手術というのをどこかで見てひやっとした。

今回の騒動で何が一番驚いたかって、早く整形外科に行かなかった事だ。基本的に医者は好きでは無いけれど、痛くて寝られないくらいだったらとっとと医者に行くべきだと思えるくらいの判断力はあると思っていた。じわじわと睡眠時間が削られ、慢性的に痛みを感じ続けるとこうも思考能力が妨げられるのかと。

祖母が高齢になった時に、常に体のどこかが痛いと言っていた。若かった私は意味がよくわからなかったけど、言われたところに湿布を貼ったりもした。そして、老人とは早朝覚醒だったりして睡眠薬が必要になったりもするらしいことは知っている。今回、腰痛で靴下を2日ほど自分で履けなかったのだけど、これもまた加齢で起こる現象に近いのだと思う。

痛みと睡眠不足による思考低下。ちょっとの間だけだけれど、今回の腰痛は擬似要介護体験だったと思う。高齢の方々の中に、ちょっと常識では理解できない行動を取られる方がいる。迷惑な老人というやつだ。自分の中にもいくつかの要因が重なれば、あっけなく思考を奪われてしまうことを知った。なんて恐ろしいことだ、だいぶゾッとした。

健康に年をとるのって、実はものすごく難しいのでは?よくなってから、夫と各人の過去の腰痛体験自慢大会を繰り広げて思った。ということで、まだアトリエのリフォーム前の片付けに追われています。

 

断捨離に憧れて

気がつけば、4月半ば、まだ工房の片付けをしています。

 

工房のリフォーム、なんとなく、なんとなくでいたのだけど、なんとなくではどうにもならず結婚以降(10年)いや、独立以来(18年)、いや大学院卒業以来(2*年)引っ越しのたびに持ち歩いた捨てられない切り屑や作りかけの作品などなどを、金属買取業者に持っていった。ちょっとしたお小遣いになった。

f:id:kane_hen:20210402115335j:plain

2003年に個展をやった時の、学生に手伝ってもらって溶接したアルミのでっかいフネも、一部を犬の冷却プレートとして切り取って再利用して、あとはドナドナした。アルミって、意外と安いのね。よくあんな2mの大きさのものを引っ越しのたびに持ち歩いていたものだと、自分でも呆れた。

リフォーム後は白い、撮影にも使える空間にするので、今まで使っていた古材のような味わい深い机やガラスケースは全部捨てるつもりです。なんなら合板でないやつは分解して薪になるかも。こざっぱり、わからないけど誰かがいつか別の用途でも使ってくれるような工房になると良いと思っている。

ところで、受験期のデッサンって捨てました?私、まだ捨ててないんです。木炭紙大のデッサン、厚みにして10cmくらいと、B3の色彩構成などなどとエスキース帳20冊くらい。捨てた方が良いのはもう解っているんですが、ねぇ、なんと言うか。墓場には何も持って行けないし、まぁ、建物の解体の前には捨てると思います。えー、なんていうか、どうしたもんか。

読み返すかもと思っていた釣り雑誌の束は捨てたし、釣り道具もだいぶコンパクトにする。バイクのヘルメットも2つとも処分した。それから、布ものがまた悩ましい。機械かもしれないけれど、確実に綿の布は植物の棉から糸になってそれが布になったと思うと、本当に捨てられないのよ。そのエネルギー、価値、何がどうなってどうして捨てられるのかと。

でもね、物に囲まれて暮らして、頭の中の処理能力がこれ以上向上するとも思えない現状。身の回りを片付けることで、余白をつくってゆきたいものですわ。断捨離、憧れるぅ。

エシカル

東京の個展で、ファッション誌のインテリア特集用にモビールを貸して欲しいと言われて承諾し、つい先日献本が届いたのですが、ハーパーズ バザーと言う雑誌をご存知でしょうか?私は知らなかった、本屋で見たこともなかった。調べると、「1867年にニューヨークで創刊した世界最古の女性向けファッション雑誌である。」とwikiに。

f:id:kane_hen:20210325101043j:plain

ファッション誌、まず縁がない。昔、kanehenの品物を取り上げていただいた「ミセス」を田舎暮らしの目の保養に一年ほど購読したことがありますが、なかなか身近な感じには程遠く、全くの目の保養だったのですが、それ以来の接点です。

で、掲載ページの確認とともに、読んでみると意外に嫌じゃない。偏見ですけれど、女性誌ってなんだか読んでいると女性性の屈折した過剰さを感じる物が多く、美容院で怖いもの見たさでみる物だと思っていました。でも、この雑誌は女性が自分のために楽しむことを当たり前に、感受している。なんだか、いろいろねじ曲がってしまった女性観のアラフィフにはとても新鮮。

で、エシカル。少し前から時々聞くけれど、どう言う意味なんだろうと思っていた単語。本誌でもあちらこちらに、初めて調べてみて、「倫理的な」という意味を持つ形容詞で「人と社会、地球環境、地域のことを考慮して作られたモノを購入・消費する」ということで、ああ、それは私が日頃心がけていることのひとつ。と思ったり。

ということで、久々に目の保養も兼ねて、私なりのエシカル消費の一つとして、定期購読することにしました。次号はクラフトの特集もあるとか、楽しみだなぁ。

f:id:kane_hen:20210325101029j:plain
↑右上の四角丸いのがkanehenのモビールです。

 

雑誌掲載のお知らせ

I'm home  no.111 2021 May 光、風、植物。自然を感じる家づくり」2021年03月16日発売。 P191にかねへんのモビールを紹介いただいています。建築系の隔月の雑誌です。

f:id:kane_hen:20210316083011j:plain

f:id:kane_hen:20210316082858j:plain

基本的に、モノに全てを託しているので、説明する必要はあまり感じていないのだけど、今回はコロナ禍で、会場にもゆけない。何か言葉にしようと文章を書いたりもした。(とりあえず、会場には貼ったけど、未だ推敲中なのでそのうちここにも書くかもしれない)それから、会期中に雑誌の取材もあり、いろいろ話し、記事にもなった。そんなこんなで、私の中では当然と思っていることも、人から見るとそうでもないようなので、改めて文章にまとめたいと思っているが、本当に難しい。

なぜモビールをつくることになったのか、は、自分の中では割と必然で、物理的で身体的な制約の連続で、全然楽しい話ではない。(もし、無限の体力と時間があったら今でも王道の一枚絞りThe鍛金をやりたい気持ちはある。)楽しく話せるのが、モビールと言うものの楽しさと面白さを教えてくれた、ピカソデュシャンの時代に生きていたカルダーという彫刻家の事だったので、ああいう文章になったのだと思う。

カルダーはモビールにたどり着くためには必須の人ではあるけれど、やはり、きっかけでしかなく、こうしてつくり続ける事のできる原動力は、平たく言えば買ってくれる人がいるからと言うことになる。それは私という生き方の社会との関わりの結果で、現象のような意味で。

モビールをつくり始めて、まず求められたのは国外ばかりだった。モビールをオンラインで販売してくれたアナログライフさん、その後、イギリスでの展示があり、昨年のオンラインでは半数が国内になり、今回の個展ではほぼ国内のみだったらしい。日本でもモビールが売れるようになったんだなぁと、ちょっと感慨深い。

と、そこでまた、なぜモビールをつくるのかを考えている。個展が終わり、やっと綱渡り気味だった日々が落ち着きはじめて、モビールに私が求めるものはなんだろうかと考えていて、花や植物のようなものかな、と思うようになった。

春から秋は庭の花があるけれど、いつの頃からか冬には花屋で花を時々買う習慣が身についた時期があった。(そういえば今は日々忙殺ですっかり忘れているけど)昔飼っていた犬が亡くなった時、叔母が白いトルコキキョウの花をくれた。いまでも、その時のことを思い出す。植物は喋れないけれど、そこで生きている。そこに気配がある。ただ、そこにあるだけで良い。
そういうものをつくれたらと、思っている。

と、ここまで書いて、嘘は書いていない。それに、雑誌の記事にも嘘は書いてない。だけれども、とても私の思っていることや感じていることを説明できているとも思えない。言葉はなんて難しいのだろう。言葉にできていたら物書きになるのだろうし、だからこそ、私はつくる人なのかもしれないなぁと、思う。

 



今年最後の展示

名古屋のアナログライフさんの実店舗が10周年になる。その10周年展にかねへんでも5点だけですが、モビールを出しています。卓上2点と吊るし3点。

f:id:kane_hen:20210228154851j:plain
↑卓上は棒の周りをくるくる回るタイプ真鍮と黒の1点ずつです。

 

様々な関わりのある作り手が出展するということで、会期を3つに区切って展示替えを行うそうなので、どんな展示になるのか楽しみ。私もいつ行こうか思案中。

 

webshopはじまります。

ジーベンさんでの展示、先週土曜で無事終了しました。緊急事態宣言中にも関わらず、沢山の方に足を運んでいただけたこと、ありがたく嬉しいです。


そして、本日16日22時〜22日10時までのwebshopが始まります。置きタイプは2点だけですが、吊るしの定番タイプはまだほとんどが受注可能だと聞いています。ぜひご覧ください。

https://www.sieben-old-new.com/

f:id:kane_hen:20210116145308j:plain

 

個展始まりました。

30日からの個展、はじまっております。コロナ禍、非常事態宣言中の開催となりましたが、初日たくさんの方々にお越しいただいたと、ギャラリーの方から聞いております。ありがとうございます。ほっとするやら、やっぱり東京行きたかったなぁと思ったり、いやそうもいかないし、と、まだまだ制作しているこの頃です。

ジーベンさん、実は搬入の折りにはじめて店主の五十川さんにお会いしました、オンラインで。お誘いいただいたのは数年前で、実現に向けて動き出したのは昨年のちょうど今頃、日本中が見えない新型コロナに身動きが取れなくなってきた頃のことでしたので、会場に足を運ぶことも叶わず。搬入後の写真を拝見して、やっと実感が湧いてきました。

 

ジーベンさんより頂いた会場写真〜〜〜

f:id:kane_hen:20210131083817j:plain

 

f:id:kane_hen:20210131083811j:plain

今回、卓上のモビールは今までで一番たくさんつくりました。いつもに比べると、吊るしのモビールは少し数は少ないのですが、10種の定番のタイプに関しては数を限って受注をお受けする事に致しましたので、会期後のwebshopでも選んでいただけるのではないかと思っています。

ということで、会場展示は13日まで、webshopはその後になりますが、縁がありましたらどうぞよろしくお願いいたします。